姫路・こばやし茶店(小林松涛園 本店)-本格抹茶を使用したメニュー充実!「抹茶喫茶 存外」-

おいしい抹茶でほっと一息…こばやし茶店に気軽に抹茶が楽しめる、『抹茶喫茶「存外(ぞんがい)」』がオープン!「ちょっと休憩したい」「小腹がすいた…」「待ち合わせまでの時間つぶしに」など、肩肘張らず気軽に抹茶と和菓子を楽しめるスペースをご用意しました。

こばやし茶店・小林松涛園の抹茶喫茶存外のカフェメニュー

姫路こばやし茶店・抹茶喫茶存外の抹茶和菓子セットの注文方法

気軽に抹茶を楽しめると一番人気の「抹茶・和菓子セット」の注文の仕方をご紹介!

木札をもらう

席に着くとスタッフが木札を持って来てくれるので、500円と交換します。

茶碗を選ぶ

いっぱい種類がある中から、あなたのお気に入りの一椀を。中には高級な茶碗もあるとか。 姫路こばやし茶店・抹茶喫茶存外の人気抹茶茶碗紹介

スタッフに茶碗を預ける

抹茶を入れてもらうために、スタッフに茶碗を預けましょう。

その日の和菓子と抹茶が登場

点てたての抹茶とその季節のかわいい和菓子が登場。和菓子も地元姫路の本格和菓子屋さんのものが日替わりでお楽しみいただけます。

じっくり味わう

抹茶と上品な甘さの和菓子をゆっくりと味わいます。

くつろぐ

店内には茶道や美術関連の本がたくさん。いろんな本を読みながらくつろぐことも。

姫路こばやし茶店・抹茶喫茶存外の和菓子紹介

毎日違った四季折々の和菓子が登場。4軒の和菓子屋が丹精を込めた和菓子たち。それぞれに色の使い方はもちろん、作り手の感性が生きた一品です。おいしい抹茶とご一緒に、ご賞味下さい。

姫路和菓子・杵屋(きねや) 姫路市内に数店舗あるお菓子屋さん。『千年杉』や『沙羅』などで有名。和菓子・洋菓子など幅広く展開する。
姫路和菓子・一不二(いちふじ) 女性の職人さんが手がけている、一不二。季節を感じられる色彩豊かな色合いと、繊細に表現された和菓子。女性の感性が詰まった、かわいらしく、やわらかな和菓子が印象的です。
姫路和菓子・伊勢屋(いせや) 姫路銘菓『玉椿』を手がける和菓子屋さん。菓舗としての開業は元禄年間にまでさかのぼります。11代将軍・徳川家斉の娘と姫路城主酒井忠学との婚礼を祝って“玉椿”が作られ、姫路藩の御用菓子に用命されました。
姫路和菓子・たちばなや お店を構えず、お茶会や茶道教室などで使われるお菓子を作って納めている茶道の先生方御用達のお菓子屋さん。職人気質の主人のこだわり溢れるお菓子がおすすめ。

姫路こばやし茶店・抹茶喫茶存外の人気抹茶茶碗紹介

全国各地で作られた茶碗がずらり!季節によって違うものも登場します。種類も豊富なので、お好みのお茶碗と出会ってみてください。

赤楽茶碗

こばやし茶店・抹茶喫茶存外の赤楽茶碗

茶人の千利休が、長次郎という人にわざわざ作らせた焼物が「楽焼」です。抹茶を飲む為に作られた焼物で、土が柔らかく、肌触りもよく、手に馴染む造形が特徴です。

黒職部茶碗

こばやし茶店・抹茶喫茶存外の黒職部茶碗

千利休の弟子の1人で大名茶人の古田織部という人が考案した織部焼で、意図的にゆがめられた形や幾何学的な模様が特徴の焼物です。

色絵茶碗

こばやし茶店・抹茶喫茶存外の色絵茶碗

ロクロで造形された綺麗な形の陶器に、様々な色を使って絵を描いた茶碗。このお茶碗は菊の御紋に、おめでたい鳥、鳳凰があしらわれています。

ページの先頭へ戻る
サーバメンテナンスの実施に伴い、平成29年9月26日(火) 6:00 ~ 8:00の間、サービスを一時停止させていただきます。
ご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。